«

横浜でいちご

2月3日と言えば「節分」ですよね。節分といえば豆や恵方巻きが思い浮かぶと
思いますが、横浜市民にとってこの時期は豆より「いちご」(笑)。

この日から横浜赤レンガ倉庫で「横浜ストロベリーフェスティバル 2017」が
開催されているんです。
歴史あるイベントというわけではないですが、今年で5回目を迎える横浜ストロ
ベリーフェスは、昨年は9日間の開催で22万人もの人が訪れた大人気イベント
なんです。
今年は10日間開催するそうなので、この人数を上回りそう。

横浜市内のいちご農家が直売していたり、いちごグッズやいちごスイーツが
売られていたり、いちごのワークショップなんてものもあるようですね。

中でも来場者が並んでもゲットしようとしているのが「無料サンプリング」。
今年は千葉県の新品種「チーバベリー」や栃木の有名ブランド「とちおとめ」
などが配られるとのこと。

全部で4種類ある無料サンプリングは、日時によって配布されるいちごの種類は
違うようです。当たり前ですが先着順なので、整理券制ですね。
注目のチーバベリーは10日(金)13:00~先着50人、とちおとめは毎日配られて
いるようで11:00~先着300人だそうですよ。

無料を逃してももちろん有料でおいしいいちごが堪能できます。
さらにいちごを使ったスイーツにも毎年注目が集まっています。

スイーツ販売は、たとえば上永谷の「パティスリー フェアベール」や
馬車道の「ガトー・ド・ボワイヤージュ」など、横浜のそうそうたる名店が
出店しているので、いちごという共通テーマで各店のスイーツを食べ比べるのも
楽しいでしょう。

まだ寒いこの時期の横浜の新たな楽しみ。
みなさんも横浜のいちごはいかがでしょうか?